人間の体内に流れる血液というのは非常に重要な働きをしています。
この血液のめぐりが悪いと体にあらゆる不調をきたすのです。

まずは、脳への影響

血液というのは人間の体すべてに必要なもの。心臓から出た血液は脳へもめぐっているのです。このめぐりが悪くなるとめまいや意識の低下といった現象がおきてしまうのです。

朝が特に弱いという人も多いと思うのですが、朝起きて気分がさえない、頭がボーとしてしまうというのは、脳に十分な血液がめぐっておらず、脳に十分な酸素が供給されていないということなのです。

次に筋肉への影響

筋肉ってのは体を動かすために絶対に必要なもの。筋肉が運動した後は老廃物が出てしまうのですが、血液がしっかりと循環することによってこういった老廃物もしっかりと取り除かれるのです。ですが、血液循環が悪いと老廃物などがたまって全身の倦怠感などを引き起こす原因になってしまうということなのです。

今回は脳と筋肉への影響について述べましたが血液というのは体のすべてにかかわって売る重要なものってことです。

Leave a reply

required

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>