自分の血液のことなんかは、多くの方が真面目に考えた経験がないかもしれません。
けれども、体には血液が流れていて、その血液によって命や健康が維持されています。
血液のことも、たまには考えてもいいでしょう。
血液は、心臓から流れていくのです。
心臓から動脈を通って、全身に血が運ばれていきます。
反対に、静脈から汚くなった血は戻ってきます。
これが、全身に血の届く仕組みです。
あなたの体でどこか1か所でも血が流れにくくなったら、病気になってしまうのです。
脳梗塞や心臓病やそのほかの病気も、血が流れにくくなったことから起こるのです。
血の流れが悪くならないようにしていきたいですね。
体にいいといわれているのは、サラサラな血液です。
サラサラな血液になったら、体には負担がかからないで血液が流れていきますから、健康のためにもサラサラな血液にしなくてはならないのです。
もしも、ドロドロな血液だったら、血液の流れがよくないから病気につながります。
自分の血液の状態は医者にかかったら検査できます。
1回は医者にかかって、自分の血液の状況をチェックしてみたらいいでしょう。
動脈や静脈に異常があったら、その部分で血液の流れが滞ってしまうので、血液が流れなくなってしまいます。
血液に気を配っていたら、サラサラ血の効果から健康な体になれそうです。

Leave a reply

required

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>